Menu

獣毛の特徴

裁縫道具

軽さと温かさの重視

洋服でウールの生地を選ぶ際に暖かさや軽さに注目する人は多いです。ウール生地は化学繊維の生地と異なり、羊の毛を刈った天然の繊維で、吸湿放散性に富み、自然な温かさを与えます。化学繊維の生地の特徴は発汗や摩擦などにより体温を上昇させる機能が多く、近年ではインナーウエア―にも使用されることがありますが、化学繊維特有のデメリットもあります。化学繊維のインナーウエア―などにあるトラブルで、摩擦により体温上昇を促すも、アレルギー症状をもたらすことがあります。また、体温上昇で発汗をするも吸湿性が乏しくベタつきなどが気になる場合もあります。化学繊維の多くは速乾性や発熱性を重視しているため、どうしても吸湿放散性は乏しくなります。ウールの特徴は獣毛ならではのものがあり、繊維に空気が含まれるため、汗をかいても水分のみを空気中に放出し、体温のコントロールを行います。動物は夏の暑い時でも毛皮を纏っており、夏は紫外線から肌を守り、冬は寒さから肌を守るというように外気に合わせて肌の水分をコントロールします。動物は水に飛び込むときがありますが、身体をブルブルと振り、水切りをするとしばらくすれば乾燥します。乾燥する過程で体の熱を奪わず水分だけを発たせるための自然な機能が備わっています。ウールは自然で育った動物から刈る毛ですので、天然ウール製品が化学繊維よりも機能的に優れていることは間違いないです。ただ、天然繊維特有の虫食いや縮みなどに注意しなければいけません。