Menu

あたたか布地

ウール

オータム・ウィンターシーズンには欠かせないあたたか素材といえばウール生地です。およそ1mあたり1,000〜2,000円前後で購入できることがほとんどですが、柄物はそれより高くなることもあります。春先に値下げされることもありますが、全ての商品が残っているわけではないということも覚えておきましょう。

詳しく見る

種類を確認しよう

トルソー

ウールの生地といってもアクリルが混合されていたり、そもそも認識が違っていたりすることもあります。まずは素材の特徴や種類を調べてみましょう。様々な生地を購入するには通販サイトがおすすめです。手芸関係のサイトで購入しましょう。

詳しく見る

獣毛の特徴

裁縫道具

ウール生地は科学繊維の生地に比べて吸湿放散性や温かさに圧倒的な違いがあります。自然界で動物に備わった機能を持つため、体温の適度なコントロールを行い、軽さや温かさが特徴となります。ただし、取り扱いには注意しましょう。

詳しく見る

豊富な商品を買える魅力

ファッション

手芸をする場合に利用すると便利なのが、生地を販売している通販サイトです。こうした通販サイトでさまざまな種類の材料でできた生地を販売していますが、羊毛を材料にして作ったウール生地を販売している通販サイトもあります。

詳しく見る

暖かさを求めるなら

ウール

ウール生地を購入するのなら、種類が豊富で商品説明が充実している通販サイトを活用しましょう。カラーはもちろんのこと、肌触りについて記載されているお店もあるため、実物を触らなくても理想通りのウール生地を入手できます。

詳しく見る

様々な加工がある羊の毛

手芸用品

洋服として最適

洋服の生地には、人工的に作った化学繊維もありますが、綿や麻のように植物が原料となっているもの、シルクのように蚕という昆虫が出す糸を使用したもの、動物の毛などがあります。動物の毛で主流となっているのが羊の毛でもあるウールであり、冬物の生地として大活躍をすることになります。羊の毛は、毛皮ごとはぎ取ったムートンもありますが、ムートンになると羊を殺して作ることにもなってしまいます。しかし、ウールの生地として使うのであれば、毛を刈り取るだけなので羊にダメージを与えることはなく、毛はまた生えてくることになるので一頭からでもたくさんの材料を手に入れることができます。ウールの生地は、高い保温性があることがメリットとなり、さらに伸縮性や弾力性、吸湿性や耐久性にも優れています。生地から洋服として仕立てた時にも、シワになりにくかったり手触りも良いことから手入れや着心地も良い素材となってきます。ただし、洗濯をするという手入れの場合には、水洗いをすることができないのでドライクリーニングに出す必要が出てきます。水につけてしまうとウールは縮む特性があるので、生地がかたくなってしまったりサイズが小さくなってしまうというトラブルもあります。しかし、この特性を生かして作られたフエルト生地もあります。あらかじめ縮めておくことでしっかりとした肉厚感が出ることになり、織物ではないことから生地の縫い代の始末もないので、手間がかからずに洋服を作ることができます。